人気のペットとはその飼い主次第

ペットと聞いて1番に思い浮かべる動物は何ですか?例えば猫を飼われている方は、猫と答えられるかもしれませんが、多くは犬と答えるのです。これは、大学の卒業論文を作成するにあたって行ったアンケートで私が調べたことでした。私は将来、獣医になることを夢に見ていたため、四年制大学に通っていました。そこで、卒業論文のテーマに、「ペットのニーズ」をあげて作成したのです。

それは、将来獣医になるにあたって、どのようなペットを連れて病院に来られる方が多いかというのを、統計的に見てみたかったからでした。そのニーズの高いペットを知っておくことで、獣医として働くときに、どういった技術が求められていくのかを把握することができると考えたのです。そうして、卒業論文を作成していく中で、「1番飼いたいペットは何ですか?」というアンケート調査を行ったのでした。それに加えて、飼いたいペットではなく、ペットという言葉から連想する動物についてもアンケートをとったのです。

その結果、両方ともの1位を獲得したのが、犬だったのでした。つまり犬とは、1番飼いたいペットであり、また、世間的にもペットとして流通している動物だということがわかったのです。これは私の卒業論文にも、また、獣医としての知識にも、大いに役立つ結果となりました。これに続いて人気が高かったのは、猫、ハムスター、熱帯魚と続き、小動物に人気が集まっていることがよくわかりました。犬を飼いたい方の意見として多かったのは、「とにかく可愛い」「飼いたい種類がある」といった、可愛さに重点が置かれていました。それに対して、猫を飼いたいという方に多かったのは「1人にしていても平気」「しつけの必要がない」という、飼いやすさに重点が置かれていたのです。同じ人気の高いペットでも、その飼い主の考え方の違いを大きく感じることができました。また、ハムスターを飼いたいという方の多くは、幼いときに飼っていて、また飼いたいといった、思い出にちなんだ意見も見られました。熱帯魚については、単に飼うことだけではなく、部屋のインテリアに合わせられるという意見もありました。このように、ペットについてのアンケート調査で得られる情報はとても多かったです。人気のペットとは、世間一般的には犬かもしれませんが、やはり飼い主にとっての1番は、人それぞれではないかと思いました。このアンケート調査は、私にとって大きな学びとなりました。

コメントする