可愛いペットとして猫を飼ってみる

ペットと人との違いとして、話をするかしないかということがあります。人の場合は色々と話をします。話をすることで、考えていることが分かることになります。お腹がすいているということもわかりますし、痛みがあるということもわかるということです。それは便利なのですが、嫌なことがわかるということもあります。こちらの気持ちが伝わらないようなことがあると、あまり気分が良くないということです。お腹がすいたから食べ物をあげて、それをあまり美味しくないと言われると気分は良くないということです。好みの問題ですが、聞きたくない言葉になります。一方、ペットの場合は、お腹がすいたや、美味しい、おしくないということは話さないということです。

お腹がすいたという時においては、ある程度仕草で判断をするということがあります。決まった時間に一定の行動をとるようになるとお腹がすいているのではないかと判断するということです。美味しい、美味しくないは難しい判断です。きれいに食べているか、残しているかの判断ですが、きれいに食べていても美味しく思ってくれているとは限りません。残していても、体調が悪いのかもわかりません。はっきりとわからないので、良い方向に取ることができます。そんなペットの中で、可愛いペットとしては、猫がいます。猫も話はしてくれません。時々ニャーと鳴き声を出すのみということになります。それもほとんど鳴き声を出しません。それだけに、何かを訴えてきているということは分かりそうな気がします。猫と犬の違いとしては、猫は自然な活動をしているということです。しつけなどをするのも難しいです。

一方犬は忠実ですから、しつけさえしっかりしていれば、ある程度なつかせることができるということです。このことについては、飼うときからある程度分かっていることになります。なつかなくても可愛いものです。猫のいいところとしては、仕草があるところです。ただ歩いているだけでなく、寝転がったり、ボールなどにじゃれているところを見ることができます。うまくいっているところだけでなく、少し失敗をしたりします。それがいいところということです。自然の状態で見ることができますから、いろいろな発見をすることができるのが良いのかもしれません。子猫が可愛いということが多いのですが、成長しても愛嬌があります。長く買うことができるペットになると思います。長く暮らしていると、お互いを意識することができますので、家族の一員として生活ができます。

コメントする